スポンサードリンク



菊芋のイヌリン


数年前からの健康ブームは今や定番化し、食生活を
見直す人が増えてきました。

糖尿病や肥満が現代病として広まっている今、日々の食事は
私たちの健康の基盤とも言えるのです。

そんな中、菊芋の主成分でもあるイヌリンは大きな注目を
集めているのです。

イヌリンは魚や肉には含まれず、植物のみが含有している
食物繊維です。

現在イヌリンを含む植物は3万種類以上あると発表されて
いますが、菊芋はイヌリン含有量植物として世界一を誇ります。

生の状態で約20%ものイヌリンが含まれ、そのほか豊富な
ビタミンやミネラルが含まれているのです。

更にイヌリンは体内でマグネシウムやカルシウムの吸収を
促進してくれる働きも持っていますので、骨粗しょう症の
症状にも効能があると言われています。

中には放射線の被害を防ぐ効果もあるという声もあり
それを裏付るために日々研究が重ねられているのです。

ある男性が血糖値が気になって菊芋を摂取したところ
わずか短期間で血糖値が下がったという驚きのケースが
ありますが、これも菊芋に含まれるイヌリンの効能と
言えるでしょう。

米や白パンに多く含まれるデンプンを摂取すると血糖値が
上がります。

これを正常値に戻すためにすい臓からインシュリンという
分泌液が出ますが、頻繁にインシュリンを分泌していると
体内で不足してしまうのです。

これが俗に言う糖尿病であり、肥満や中性脂肪に大きく
関わっています。

イヌリンはデンプンをほとんど含みませんので、摂取しても
血糖値は上がりません。

血糖値が急激に上がらず正常な数値を保てば、すい臓が
過剰にインシュリンを分泌することもなくなります。

このすい臓への負担を軽減させる働きから、イヌリンを豊富に
含む菊芋は天然のインスリンと呼ばれるようになったのです。

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。