スポンサードリンク



菊芋の効能・効果


菊芋はアメリカやヨーロッパでその数々の効能と栄養素の
高さが注目され、積極的に食事に取り入れられてきました。

一般的に馴染みの薄い菊芋ですが、日本でもその昔戦争による
食糧難から菊芋を食べていた歴史があり、最近になって
その素晴らしい効能が再度見直されているのです。

菊芋はイヌリンと呼ばれる食物繊維を主体とした植物です。

このイヌリンはゴボウやタマネギ、ニンニクなどにも含まれる
糖の一種ですが、摂取してもヒトの体に吸収されることは
ほとんどありません。

糖分はヒトの体に必要なものですが、過剰に体内に吸収される
ことにより糖尿病や肥満を引き起こします。

特にじゃがいもやお米、白パンに含まれるデンプンの糖は
体内に吸収されやすく、食後に血糖値を上昇させてしまいます
ので高血圧や糖尿病の大きな原因となってしまうのです。

イヌリンにはデンプンがほとんど含まれず、またヒトの
消化酵素で分解されずに体外へ排出されます。

またその際にこれらの炭水化物類の糖分を取り込んで一緒に
大腸へと運んでくれる優れた働きがありますので
糖が体内に吸収するのを防いでくれるのです。

このことからイヌリンは血糖値を下げるのに効果があると
言われており、血圧や糖尿病の食事として非常に有効なのです。

また菊芋にはイヌリンのほかにもビタミンやミネラル類が
たっぷり含まれており、腸内で善玉菌を増やしてくれる効果も
証明されています。

この菌が増えることから、アトピー性皮膚炎の改善にも
大きな効果が期待されており、さまざまながんの予防にも
なるとして注目されているのです。

スポンサードリンク


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。