スポンサードリンク



菊芋の効能・効果


菊芋はアメリカやヨーロッパでその数々の効能と栄養素の
高さが注目され、積極的に食事に取り入れられてきました。

一般的に馴染みの薄い菊芋ですが、日本でもその昔戦争による
食糧難から菊芋を食べていた歴史があり、最近になって
その素晴らしい効能が再度見直されているのです。

菊芋はイヌリンと呼ばれる食物繊維を主体とした植物です。

このイヌリンはゴボウやタマネギ、ニンニクなどにも含まれる
糖の一種ですが、摂取してもヒトの体に吸収されることは
ほとんどありません。

糖分はヒトの体に必要なものですが、過剰に体内に吸収される
ことにより糖尿病や肥満を引き起こします。

特にじゃがいもやお米、白パンに含まれるデンプンの糖は
体内に吸収されやすく、食後に血糖値を上昇させてしまいます
ので高血圧や糖尿病の大きな原因となってしまうのです。

イヌリンにはデンプンがほとんど含まれず、またヒトの
消化酵素で分解されずに体外へ排出されます。

またその際にこれらの炭水化物類の糖分を取り込んで一緒に
大腸へと運んでくれる優れた働きがありますので
糖が体内に吸収するのを防いでくれるのです。

このことからイヌリンは血糖値を下げるのに効果があると
言われており、血圧や糖尿病の食事として非常に有効なのです。

また菊芋にはイヌリンのほかにもビタミンやミネラル類が
たっぷり含まれており、腸内で善玉菌を増やしてくれる効果も
証明されています。

この菌が増えることから、アトピー性皮膚炎の改善にも
大きな効果が期待されており、さまざまながんの予防にも
なるとして注目されているのです。



菊芋の糖尿病予防効果


菊芋は、糖尿病の予防効果があるとされています。
糖尿病は現代病の一つであり、年齢に関係なく発症すると
言われています。

特に40代を過ぎてからの増加は著しく、これは中性脂肪や
メタボリックシンドロームが大きく関係していますので
食事などの生活習慣を改善しなければ糖尿病へと繋がって
しまいす。

糖尿病は一旦発症すると完治しないと言われており
一生付き合っていくことになります。

もし発症したとしても、症状を今以上に悪化させず
できるだけ健康な生活を送ることが必要です。

糖尿病は放っておくとさまざまな合併症を引き起こし
ますので治療を行う場合がありますが、何より大事なのは
栄養バランスの取れた食生活なのです。

糖尿病予防の食事法は1日3食バランスよく食べ、
過食をしないことだと言われていますが、糖尿病予防効果
のある食事のバランスと言われてもピンとこない方も
多いのではないでしょうか。

一般的にバランスのよい食事とは炭水化物、穀物、食物繊維
糖質、豆類を適度に採ることですが、忙しい現代において
毎食これを実行することは容易なことではありません。

そこで注目されているのが菊芋なのです。
菊芋は天然のインシュリンと呼ばれるイヌリンを豊富に含み
デンプンをほとんど含まないことから食後の血糖値が
上がらないと証明されています。

また菊芋は水に非常に溶けやすい食物繊維ですので
満腹感を得やすく過食を防ぐこともできるのです。

糖尿病はインシュリンの減少や働きが悪くなることが
原因とされていますので、同じような働きを持った菊芋を
食事に取り入れることは健康維持に役立ち、糖尿病予防に
非常に効果的と言えるでしょう。



菊芋のイヌリン


数年前からの健康ブームは今や定番化し、食生活を
見直す人が増えてきました。

糖尿病や肥満が現代病として広まっている今、日々の食事は
私たちの健康の基盤とも言えるのです。

そんな中、菊芋の主成分でもあるイヌリンは大きな注目を
集めているのです。

イヌリンは魚や肉には含まれず、植物のみが含有している
食物繊維です。

現在イヌリンを含む植物は3万種類以上あると発表されて
いますが、菊芋はイヌリン含有量植物として世界一を誇ります。

生の状態で約20%ものイヌリンが含まれ、そのほか豊富な
ビタミンやミネラルが含まれているのです。

更にイヌリンは体内でマグネシウムやカルシウムの吸収を
促進してくれる働きも持っていますので、骨粗しょう症の
症状にも効能があると言われています。

中には放射線の被害を防ぐ効果もあるという声もあり
それを裏付るために日々研究が重ねられているのです。

ある男性が血糖値が気になって菊芋を摂取したところ
わずか短期間で血糖値が下がったという驚きのケースが
ありますが、これも菊芋に含まれるイヌリンの効能と
言えるでしょう。

米や白パンに多く含まれるデンプンを摂取すると血糖値が
上がります。

これを正常値に戻すためにすい臓からインシュリンという
分泌液が出ますが、頻繁にインシュリンを分泌していると
体内で不足してしまうのです。

これが俗に言う糖尿病であり、肥満や中性脂肪に大きく
関わっています。

イヌリンはデンプンをほとんど含みませんので、摂取しても
血糖値は上がりません。

血糖値が急激に上がらず正常な数値を保てば、すい臓が
過剰にインシュリンを分泌することもなくなります。

このすい臓への負担を軽減させる働きから、イヌリンを豊富に
含む菊芋は天然のインスリンと呼ばれるようになったのです。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。