スポンサードリンク



菊芋の栽培方法


菊芋は古くから農村部を中心に栽培されてきましたが
近年ではその栽培の容易さから、家庭菜園でも利用する
人が増えてきました。

菊芋は雑草のような強い生命力を持ち、水やりを忘れた
としても都度行えばまた元気に復活しますので
初心者でも失敗が少なく栽培することができるのです。

土地にもよりますが、一般的に植えるのは4月頃が
好ましいと言われています。

菊芋は自然の力で育ちますので、植える場所が畑であれば
肥料や水はほとんど必要ありません。

また菊芋は非常に背が高く成長し、3ヶ月もすれば1メートル
近くにもなります。

これは成長するにつれ更に伸びますので、大きくなりすぎて
しまった場合には切ることもできます。

9月頃になると綺麗な黄色の花が咲き始め、この頃には
3メートルほどまで成長します。

またこの花は10月頃まで楽しめますので、観賞用として
記録しておくのもいいでしょう。

11月になれば花は枯れ始め、翌12月には収穫することが
できます。この収穫時には食べる分だけを都度掘り起こします。

菊芋は冷涼な環境を好み、土から栄養分を吸収していますので
食べない分はそのまま土の中においておくのがいいとされています。

菊芋は栽培方法が容易なぶん、注意も必要です。
雑草並の強さと生命力を持ちますので、一度植えると
根絶が難しいと言われています。

長期間栽培することを視野に入れていれば問題ありませんが
一度植えた場所から完全に根を取り除くためには土中の根を
全て掘り出す必要があるのです。

畑や庭に植える場合はよく考慮したうえで栽培場所を
選びをしましょう。

また最近ではプランターでの栽培も販売されていますので
住宅地住まいや栽培に十分な広さが確保できない場合でも
自宅で楽しめるようなっています。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。